建物紹介(文字サイズはで記入)

H22年10月完成
斜め壁の黒い家
  
大分市の市街地、周辺は店舗や集合住宅などがある。
外壁は黒、内部は白のシンプルなデザインだがファサードが斜め
に張り出して緊張感を持たせている。

H21年10月完成
 リンデンバウム
  
大分市郊外の商業地。
0.5LDK、ワンルームの重層長屋ですが3畳のたたみコーナーを
プラス、内装もクロスは使わず遮音や維持管理に配慮した住まう
人に魅力のある賃貸集合住宅です。

H21年5月完成
屋根デッキの家
  
大分市郊外の住宅地。
由布山を眺めながらお茶の飲める屋根上のウッドデッキと
桧の壁のおふろで別荘気分!

H21年1月完成
臙脂鋼の家
  
駅裏の開発に伴う住宅の建て替え。
将来は周辺の状況が一変することが予想されるため1階部分は
改築可能な車庫と倉庫とし、2階を居住スペースとしました。

H20年9月完成
囲炉裏のある家
  


釣りと和太鼓・・etcと多才なご主人。
かねてより念願の遊びの空間である囲炉裏部屋もつくります。
男の子2人とご夫妻の住まいです。


H19年完成
中津の家
中津城のすぐ近くの静かな場所。
大正時代に建てられた建物の解体の折、松の梁6メートルを
丁寧に取り外してもらい新しい建物に使うことにしました。


H19年完成
国東の家  
岐阜県より田舎暮らしのため国東にいらしたご夫妻の住宅。
ご主人は三浦梅園の研究をされており、天体観測室もご自身
で作る予定です。

H19年完成
吉庵
近くに南大分公民館があり、四差路の角に位置する交通量の
多い場所。
1階はこだわりの和食のお店で、2階が自宅の店舗併用住宅。

H18年完成
賀来の家
すぐ近くに商業施設や新興住宅地のある静かな住宅地に
2階建ての自然素材にこだわった家。

H18年完成
杵築の家
都会より移り住む人が多いリゾート地で第2の人生を
過ごすご夫妻の住まいです。

H18年完成
田染の家

現在も荘園村落の姿を受け継ぎ守っている田染荘小崎地区の
近くで、田園風景の広がる豊かな自然の中に建つ住宅で、
床は国産の栗フローリング(温水床暖房)

H17年完成
ハナミズキの家
ご夫妻+犬1匹。
愛犬モカちゃんの部屋も居間から見える位置に設け
中庭でいつでも遊べるようにしました。
シンボルツリーは「ドッグウッド」とも呼ばれるハナミズキです。

H17年完成
オリーブの家
自然素材にこだわり床板の柿渋塗り、仕上げのワックスがけなど
施主ご一家参加の家づくりになりました。
玄関前にはオリーブの木を植えました。

H16年完成
野田の家
郊外の住宅地。
大きな椎の木が見下ろす公園の前に建つ木造平屋住宅。


H16年完成
中庭の家
お母様とご夫妻+犬2匹。
中庭に面した居間からはシンボルツリーの
「シマサルスベリ」が見えます。

H15年完成
東大道の家
鉄骨造3階建の事務所併用住宅
太陽光発電とエコキュートも取り付けました。

H15年完成
羽屋の家
間口が広い敷地に建つ、家族の健康を考え
自然素材にこだわった家

H13年完成
エゴノキの家
青と黄色のランドマークの家が道路の拡幅で
建て替える
ことになりました。
(今度は地味な家に?)

H13年完成
東八幡の家
実家の山から桧を切り出して造る「産直の家」
若いご夫妻の
I T装備の